「あしたはうんと遠くへいこう」



「あしたはうんと遠くへいこう」

 角田光代著

 









読書する余裕も出てきました。
よしよしわたし。

常に恋愛している泉、17歳から32歳までの物語。
オリジナル編集カセットテープを好きな子にあげるも「イタい」と言われ、彼氏なしではなにもできない自分とお別れするためにアイルランド一周自転車旅行に行ったものの、戻ってきたら彼氏の部屋には別の女がいて・・
ぐでぐで生活とまっとうな暮しを繰り返しながらも、幸せになりたいと願ってまた恋愛をする。

まず、角田さんがこんなジャンキーな感じのお話書かはることに驚き。
なんでもできる人なんやわ。

よう考えたら、いつを見ても常に恋愛してるってことはつまり基本的にモテモテなわけで、てことは幸せやんって思ってまうのですが、それがそんなこともなく。
泉はただ純粋に幸せになりたいって思っているだけやのに、ヒステリックに怒ったりとか自分でもよーわからん行動を取ってしまう。
よーわからん行動、あーもうめっちゃわかります。
そんなこと言うつもりは全然ないし、ほんまはそんなんこれっぽっちも思ってへんのに、なんかすらすらといらんこと言っちゃったーみたいな、ね。

付き合ってて一緒に住んだりしてて絶対幸せな時間もあったやろうに、恋愛の壊れていくところ中心に書かれているので、あーあまた駄目だったし、ていうかもうどうせ駄目やしー、っていう悲観的な泉のどんより感がよく伝わっている気がします。
若い頃は不安でいっぱいで、大人になるにつれてそこに諦めが入ってきて。
でもぐでぐでだけで終わらないのが角田さん。
32歳、最後に希望に向けてひとっ飛びします。

泉は音楽マニアなので、実在するミュージシャンの名前が仰山出てくるのもおもしろい。
って言っても、全然知らんねんけど。
カーペンターズとエンヤくらいしかわからんかった。
でもでも、最後に椎名林檎の名前が出てきて感動ーめっちゃうれしいー。
[PR]
# by sabazaki-jaco | 2010-04-11 02:27 | ほん
「ソラニン」(映画)


映画「ソラニン」

あおいちゃんの歌声!!







超ご無沙汰の更新でこんばんは。
春から職場が変わりまして、ええ職場で毎日ほくほくしながらも、なかなかハードでくったくたです。

さてさて、もうずーっと楽しみに待っていた「ソラニン」映画化!
しかも主演、宮崎あおい。
あおいちゃんが歌うよ!

あおいちゃんが歌うってだけで十分すぎるくらい十分やねんけど、さすが女優さん、めっちゃええ表情で歌ってはった。
ギターの弾き方もかっこええし、ていうかギター持って立ってるだけでもうかわいいし、ケースに入れたギターを背負ってるとこもかわいいし。。
はー。すきやわー。

いやいや内容も、思った以上に原作通りで感動。
所々あるコネタも再現されていて、ありがとう監督。
事故のシーンはできたら種田吹っ飛んでほしかったけど、まーそら無理やろうからしゃーないけど、でもちょっとくらい吹っ飛んでほしかったなぁ。

映画見終わってから漫画読んだら、改めて原作の良さがわかった気がしますー。
[PR]
# by sabazaki-jaco | 2010-04-08 23:48 | えいが
「犬のうなじ」



「犬のうなじ」

 野中ともそ著

 









2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が起きたとき、ニューヨークで暮らしていた日本人の家族や恋人、あるいは仕事で、旅の途中で・・
衝撃の光景を目の当たりにした彼らの、人生の変化を温かく見守って描いた物語です。

テーマがテーマなんで、すごく重そうに思われるかもしれませんが、ごく普通の恋愛小説と思ってもらって大丈夫やと思います。
恋人に励まされて救われたり、夫婦支え合って乗り越えたとか。

著者の野中さんはニューヨーク在住だそうで、テロがあったときもニューヨークにいてはったんかどうかは知らんのですが、励まし合う人々の美しさを見て、これを残さないとと思ったんやないでしょうか。
恐ろしい事件の後のことを描いているのに、文章全体から前向きな気持ちが表れていて、後ろから風が吹いて背中を押してくれているようです。
大きな括りとしての恋愛を通して、人の温かさや強さを描いてはるんだと思います。

表紙の、二本のろうそくがワールドトレードセンターを表していて、ろうそくに祈りの気持ちが込められていて・・ってことなんですよね、きっと。
しかしなんで「犬のうなじ」を表題作に選んだんやろ。
や、ええ話なんですが、「犬のうなじ」っていうタイトルから、この本のイメージが掴みにくい気がするんですけども。
「銀河を、木の葉のボートで」の方が、きれいちゃいます?
とか言いつつ、「犬のうなじ」じゃなかったらうち手に取らんかったやろうし、終わりよければ全てよし!
[PR]
# by sabazaki-jaco | 2010-03-17 03:05 | ほん
「食堂かたつむり」(映画)


映画「食堂かたつむり」

おなか鳴りまくり!







なんでしょうこの映画ハイペース(笑)
溜まってたんですね、きっと、就活の鬱憤が。。

「食堂かたつむり」の映画化ということで、さすが、料理めっちゃおいしそう!
野菜をいっぱいじっくり煮込んだジュテームスープ、濃厚そうでどろりとしていて、もう絶対おいしいしー!
午後6時のごはん前の時間のを見てしまったせいで、おなか鳴りっぱなしやし、よだれ出てくるしで、必死・・。
料理は完璧!!

ただ、映画は正直あんまり・・。
食堂かたつむりで食事をした人に次々とええことが起こるんですが、映画見てたら、「うまいこといきすぎやろー!」ってつっこみたくなる感じが少々。
原作ではそれ感じひんかったからなぁ。
あと、ええことが起こる度に、キラキラした音楽とアニメーションが流れて、ステージクリア!と言わんばかりの演出が、ちょっと。。
ま、原作が良すぎたんです。

ブタのエルメス、かわいかったー。
ブタってあんなにかわいいのか。
ていうかブタって演技できるんや、すげー。
[PR]
# by sabazaki-jaco | 2010-03-11 00:30 | えいが
「ゴールデンスランバー」(映画)


映画「ゴールデンスランバー」

ハラハラしまくり!







首相凱旋パレード中に起こった暗殺事件。
その犯人に仕立て上げられてしまった青柳は、逃げて逃げて逃げまくるー。

伊坂作品、もう半分くらい映画化されたんとちゃいますか?
「重力ピエロ」見たんつい最近やと思ってたけど、あれ去年の5月やったんやなぁ。
1年に1作品以上のペースで映画化ですやん。
原作がしっかりしまくりやから、間違いないもんなー。

鉄砲バンバーン!みたいな映画や、人が殺されるお話は嫌いなんですよ。
こわいから。
ハラハラドキドキしすぎてしんどいから。
もーこれもめっちゃドキドキして心臓に悪い!
青柳を追いかける警察側に、ライフル銃振り回すサイボーグの殺人マシンみたいなやつがおって、そいつが出てきただけでもうコワ!!

貫地谷しほりがアイドル役で、もうめっちゃええ味出しててすてき!
ていうかアイドル役に 貫地谷さんを選ぶセンスがすてき!
バカアイドルな感じがー。
あと、「アヒルと鴨・・」のときに主役やった濱田岳も!
脇役たちすばらしいわー。
もちろん主役たちもー。
[PR]
# by sabazaki-jaco | 2010-03-08 22:58 | えいが