カテゴリ:ほん( 128 )
「笑う招き猫」



「笑う招き猫」

 山本幸久著

 









『アカコとヒトミ』は駆け出しの漫才コンビ、まるまる太ったアカコ(ボケ担当)と身長180センチののっぽのヒトミ(ツッコミ担当)
小さな劇場でネタをして、いつか大きな舞台に立つことを二人で夢見ている。
テレビ番組に出演のチャンスがやってきて、ファンもちらほらつき始めて・・『アカコとヒトミ』は夢への第一歩を踏み出した。

漫才を小説化って無理やろ−、漫才のネタを文章化して読んでもそれはおもんないやろー、と思っておりましたが、これはおもしろかったです。
アカコとヒトミが仲がいいのが、まずいい。
アカコのあんまり何も考えていないみたいに自由気ままに行動する性格もいいし、ヒトミの真面目でまっすぐで心配性なところもいい。
コンビは絶対仲いい方がおもしろいもんなー、実際テレビとかで見てても。
キャイ〜ンの仲良さとか、もうすてき!

この小説は、大きく分けて二部に分けられると思うんやけど、前半は「夢に向かって」、後半は「みんなを幸せに」とかいうサブタイトルつける感じでしょうか。
ひたすらおもしろい漫才目指して突っ走る前半、読者のこちらはひたすら応援、笑ってくれなくてもドンマイ!おもんない先輩に負けんなー!
後半、芸人仲間の乙さん、乙さんの娘のエリちゃん、エリちゃんが心配で心配でしょうがないアカコとその祖母の頼子、頼子の友人のメイクアップアーティストの白縫さん・・・
関係あるのかないのかわからん人たちが仰山集まって、みんなはアカコとヒトミを応援するし、二人も、例えばエリちゃんの面倒見たりしてみんなを助ける、その様子がほんと和やかですてきなのです。

うちは文庫で読んだので解説つき、その解説なんと、ラーメンズの片桐仁!ごうか!
解説を読んでわかったことなんですが、著者の山本幸久さんは、ラーメンズが漫画雑誌に連載をしていたときの担当の編集者やったそうなのです。
やからこの小説は、ラーメンズをモデルにして書かれているとか!(片桐さんの想像っぽいですが)
漫才好きの人やったらすぐにピンときちゃうと思いますが、小説の中にでてくるテレビ番組も、完全に爆笑オンエアバトルですしね。

ちなみにこの「笑う招き猫」で、小説すばる新人賞を取らはったとのこと。
もひとつちなみに、うちの好きなお笑い芸人は、野性爆弾です。DVDも持ってるよー(笑)
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-04-14 01:09 | ほん
「あしたはうんと遠くへいこう」



「あしたはうんと遠くへいこう」

 角田光代著

 









読書する余裕も出てきました。
よしよしわたし。

常に恋愛している泉、17歳から32歳までの物語。
オリジナル編集カセットテープを好きな子にあげるも「イタい」と言われ、彼氏なしではなにもできない自分とお別れするためにアイルランド一周自転車旅行に行ったものの、戻ってきたら彼氏の部屋には別の女がいて・・
ぐでぐで生活とまっとうな暮しを繰り返しながらも、幸せになりたいと願ってまた恋愛をする。

まず、角田さんがこんなジャンキーな感じのお話書かはることに驚き。
なんでもできる人なんやわ。

よう考えたら、いつを見ても常に恋愛してるってことはつまり基本的にモテモテなわけで、てことは幸せやんって思ってまうのですが、それがそんなこともなく。
泉はただ純粋に幸せになりたいって思っているだけやのに、ヒステリックに怒ったりとか自分でもよーわからん行動を取ってしまう。
よーわからん行動、あーもうめっちゃわかります。
そんなこと言うつもりは全然ないし、ほんまはそんなんこれっぽっちも思ってへんのに、なんかすらすらといらんこと言っちゃったーみたいな、ね。

付き合ってて一緒に住んだりしてて絶対幸せな時間もあったやろうに、恋愛の壊れていくところ中心に書かれているので、あーあまた駄目だったし、ていうかもうどうせ駄目やしー、っていう悲観的な泉のどんより感がよく伝わっている気がします。
若い頃は不安でいっぱいで、大人になるにつれてそこに諦めが入ってきて。
でもぐでぐでだけで終わらないのが角田さん。
32歳、最後に希望に向けてひとっ飛びします。

泉は音楽マニアなので、実在するミュージシャンの名前が仰山出てくるのもおもしろい。
って言っても、全然知らんねんけど。
カーペンターズとエンヤくらいしかわからんかった。
でもでも、最後に椎名林檎の名前が出てきて感動ーめっちゃうれしいー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-04-11 02:27 | ほん
「犬のうなじ」



「犬のうなじ」

 野中ともそ著

 









2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が起きたとき、ニューヨークで暮らしていた日本人の家族や恋人、あるいは仕事で、旅の途中で・・
衝撃の光景を目の当たりにした彼らの、人生の変化を温かく見守って描いた物語です。

テーマがテーマなんで、すごく重そうに思われるかもしれませんが、ごく普通の恋愛小説と思ってもらって大丈夫やと思います。
恋人に励まされて救われたり、夫婦支え合って乗り越えたとか。

著者の野中さんはニューヨーク在住だそうで、テロがあったときもニューヨークにいてはったんかどうかは知らんのですが、励まし合う人々の美しさを見て、これを残さないとと思ったんやないでしょうか。
恐ろしい事件の後のことを描いているのに、文章全体から前向きな気持ちが表れていて、後ろから風が吹いて背中を押してくれているようです。
大きな括りとしての恋愛を通して、人の温かさや強さを描いてはるんだと思います。

表紙の、二本のろうそくがワールドトレードセンターを表していて、ろうそくに祈りの気持ちが込められていて・・ってことなんですよね、きっと。
しかしなんで「犬のうなじ」を表題作に選んだんやろ。
や、ええ話なんですが、「犬のうなじ」っていうタイトルから、この本のイメージが掴みにくい気がするんですけども。
「銀河を、木の葉のボートで」の方が、きれいちゃいます?
とか言いつつ、「犬のうなじ」じゃなかったらうち手に取らんかったやろうし、終わりよければ全てよし!
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-03-17 03:05 | ほん
「TRIP TRAP」



「TRIP TRAP」

 金原ひとみ著

 









旅でぶっとぶ物語集。
短編に見せかけて、どれもマユという一人の女性が旅行をするお話です。
家出をして彼氏の部屋に潜り込む15歳のマユから始まり、女友達と沼津ナンパ待ち旅行、仕事でパリ、夫とハワイリゾート、4ヶ月の赤ちゃん連れで長時間フライト、育児に疲れて一人鎌倉。

うちは、特別派手でもなければ地味でもないごく普通の女子なもんで、金原さんの小説に出てくるような、派手目でキャンキャンしてる感じの女子たちとは、全く違う世界で暮らしているようなもんです。
しかもネガティブな人が割合多いのに対し、うち超ポジティブやし。
やのにこんなにも金原さんの書く物語に共感できるのは、なんでなんでしょう?
という謎に対する解答が、この本で少しわかった気がしました。

4ヶ月の赤ちゃん連れで長時間フライトを描いた「フリウリ」
赤ちゃんが泣いて私はこんなにだっこしたりしているのに、夫は全然協力してくれへんし、そのくせ文句言うてくるし、もうしんどい!みたいな愚痴をグチグチ書いたようなお話。
ってこう書くと、えらいおもしろくなさそうに見えますね。。
本当は誰しもが思っているけど、それを言っちゃうと世間一般的に冷たい目で見られるやろうし・・というようなことなど。
心の中の濁った部分を、ひたすらしつこく鮮明に書く。
きれいごとを書かない、全てをそのまんま書く。
やから毎回、読んだ後、ずしーんと重たく感じるんですね、納得ー。

でもきっと男の人が読むと、めんどくせーってなる気がします。
金原さんの小説って、女の人(それも毎回めっちゃ美人)が主人公ってのばっかりやし、まぁ女が主人公やから男性はだめって訳じゃないんですけど、うーん、文学としては読めても、小説としては楽しめないかも。

一度男性を主人公にお話書いてみて欲しいなぁ。
この「TRIP TRAP」、ネット情報に“著者新境地”みたいなこと書いてあったけど、そんなに新境地感はなかったけど。
金原さんが男性の物語書いたら、それこそ新境地やと思う!

今日の感想、「TRIP TRAP」についてじゃなくて、金原ひとみについてになってしもたなー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-03-07 00:49 | ほん
「喋々喃々」



「喋々喃々」

 小川糸著

 









あ、就活は一段落しました。
またこれまでのペースで読んでいきたいと思います。

東京の下町、谷中でアンティークのきもの屋をしながら、そこで暮らしている栞。
ご近所さんとおしゃべりしたり、お寺まで散歩したりしながら、マイペースで開店している。
ある日きものを探しにやってきた春一郎に、栞は恋心を抱くが・・

七草がゆを作るところから始まり、おせちの準備をして終わる、丸々一年間の物語。
春には春の、夏には夏の、着物の柄や素材とか、お花見やお月見といった行事ごとであったりとか、季節ごとに丁寧に暮らす様を見ることができて、物語+αの楽しみがありとても楽しめます。
例えばきものの柄。
季節を先取りした柄を取り入れるのがええらしく、梅が咲くころには桜の柄を取り入れるんだとか。
そういったきもの豆知識が散りばめられております。

ほんで谷中という町の魅力的なこと。
お寺が点在していて、昔なつかしの雰囲気のパン屋さんとかお惣菜屋さんとか、そんなんがいっぱいあるような町らしい。
本文の中で、東京にもこんなええとこがあるのなら東京好きかも、みたいな内容の台詞があったんですが、いやー、この本読んでるだけでもそう思えますよ。

きものと谷中のことばっかり書いちゃいましたが、このお話のメインはきっと、栞と春一郎の恋愛のお話。
とても清くて美しい恋に思われるんですが、読んでるとついついそう思っちゃうんですが、いや、よう考えたら不倫なんですよ。
美しく描かれても、栞がんばれーって素直に思えない。
これが普通の恋やったら、星5つにしたかもしれないけど・・って、すいません、内容にケチつけて。

「食堂かたつむり」のときもそうやったけど、小川糸さんはほんま描写が丁寧やし、なんか文章に安心感みたいなんがあるように思います。
きもののことも谷中のことも全然知らんかったけど、知ることができたし、読みやすいし。
ただ、主人公の栞の心理描写っていうんかなぁ、感情の変化についての描写はえらい淡白な気がすします。
栞の目線で描かれているはずやのに、栞が何考えてんのかいまいちわからへん。
まぁもともと落ち着いた性格なのかもしれへんのですけどね。
近所のマダムとか、おばあちゃんとか、脇役たちはほんまええ味出してるのにな、みんな。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-03-02 03:09 | ほん
「猫の水につかるカエル」



「猫の水につかるカエル」

 川崎徹著

 ○○









お久しぶり更新です。
びっくりスローペース。
就活中なのです。
そろそろペース上げていけるように・・解放されたい!!

川崎徹さん知らないのですがCMディレクターさんだそうで、それよりも、うち的に100点満点のタイトル!
エッセイと思って読んでたら、どうやら小説やったらしい。
毎日同じ時間に、公園のノラ猫にエサをあげるおじさん。亡くなった父のことを思い出しながら、生きるか死ぬかのノラ猫たちのことを気に掛けつつ。(「傘と長靴」)
もしかしたら自分はガンかもしれないという恐怖の中で、父の死後実家から譲り受けたソファと、愛し愛されている一匹の猫と暮らす。(「猫の水につかるカエル」)

死がその辺でふわふわと浮いているような、掴めないし掴んではいけないようなお話が二話。
猫の水につかるカエルというのも、つまり猫用飲み水のお皿につかっちゃったカエルってことなんですけど、浮遊感がありますし。
や、実際にその光景を思い浮かべたら、もうめっちゃかわいすぎてたまらんのですが。
ん?気持ち悪いって?
いやいや、かわいいですよー。

両方の話に共通して言えることで、現在になったり過去の回想になったり、場面が急に変わってついていくのが大変でした。
きっと川崎徹ワールドなんだろうと解釈。(←めっちゃ適当。あてにしたらあきません!)
安定しない感じが、さらに死を感じさせられているようです。

表題作の「猫の水につかるカエル」が良かったなぁ。
心中を勧めてくる猫(これがめっちゃおもしろい!)、ただそこで生きているカエル、色んな病気を持っているが前向きな友人、亡くなった父と母、残った遺品、私はまだ死にたくない。
誰でも死はすぐそばにあるもんなんだよ、でも生に固執することはかっこいいことなんだよって、そんなことを教えてくれてるんじゃないかなぁと思います。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-02-19 01:02 | ほん
「ぬるい男と浮いてる女」



「ぬるい男と浮いてる女」

 平安寿子著

 









あなたの周りにもおるかもしれん、ちょっと変わった人たちの物語です。

・お互いを利用するように結婚して、夫の実家の病院を継ぐことになった女医。夫が遊び半分で始めたカフェ、趣味が悪くてびっくりやけど、自分には関係ないんでどうでもええよ。
・中学校時代の同級生でお金持ちのお嬢様に、久々の再会で一目惚れ。しかし彼女は、なんと、葬式に参列することが趣味なのだった。
・家具屋さんで働く草食男子、快適な自宅を作り上げることが生き甲斐。周りに迷惑をかけないようにということだけに気を配り、仕事も恋愛も平和に平和に。
・頼れるのは自分と金だけ。60歳独身、バリバリ働いてきた仕事も定年退職し、趣味のバレエに明け暮れる日々。バレエ教室仲間から、憧れられることが喜び。
・スニーカーショップでバイトしている、ふわふわ男子。「何考えてんの?」とよく聞かれる。変な女の人に気に入られ、そんなこんなもまぁいっかーという感じでふわふわと。
・その女性が近づくと、電化製品はたちまち狂ってしまう。という不思議な女性に恋をしてしまった。という男は他にもたくさん。悩むけど追いかけてまう、不思議彼女はとても魅力的なのです。

という6話。
あらすじまとめるだけで、めっちゃ長くなった!ので、箇条書き風に“・”付けてみました。

草食男子とかの今っぽいキーワードも入れつつ、ほんまにこんな変わった人、おりそうと言われたら確かにおりそうていう絶妙のライン。
うまいなー!
家具屋で働く草食男子はほんまにおりそうやし、スニーカーショップバイト男子もおりそう。
最後の電化製品の彼女はおらんやろうけど、ていうかおったら世界びっくり人間に出れちゃうわ。

「水10」(やったと思う)ていうココリコとか小西真奈美とかが出てた、変わった恋愛再現ドラマバラエティーみたいな番組あったの、覚えてはりますでしょうか、その番組を思い出しました。
全体的にコミカルなタッチで書かれてるし、このまんま映像化して放送できそう。

是非映像化を期待したいのが、最後のお話、「えれくとり子」。
なんやねん、このふざけたタイトル(笑)、っていうような内容もまぁ内容なんで、ゆるーい感じでええ感じ。
だって、近づいたら電化製品壊れるんですよ、携帯でこの彼女を写メしようと思ったら、携帯が急に壊れるんですよ。
ありえへんー!
こういうふざけた小説もあってええと思います!大賛成!
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-01-31 01:21 | ほん
「ヘヴン」



「ヘヴン」

 川上未映子著

 









情熱大陸の川上未映子特集のときに、川上さんが悩んで悩んで書いてはったのが、これ。
ただの頭おかしい女子やと思ってたけど、あの情熱大陸見て、川上さんめっちゃ好きになりました。
アップルティーにミルク入れて、「これめっちゃまずくないですか?!」って言うてるとことか、すてき!

「乳と卵」以降初の単行本やったんですね。
なんか川上さん自体に存在感がありすぎて、もっと出してはると思ってました。

斜視の目のことで、クラスで苛められている僕の筆箱に、ある日手紙が入っていた。
「わたしたちは仲間です」
それは同じクラスのコジマという女子からで、彼女も僕と同じように苛められいた。
二人は密かに手紙を交換して仲良くなっていき、イジメがエスカレートしていく中、お互いを支え合うようになっていった。

川上未映子といえばわけわからん文体、ですが、今回は普通の文体です。
普通の文体書けるんやこの人!(失礼!)

ヘヴンとは、美術館にあるコジマお気に入りの絵のこと。
この絵を崇拝してるって言っても過言じゃないくらい、気に入っているらしいのです。
そんなとこにも見え隠れしているんですが、コジマはえらく意思が強い。
ただその強さは、かっこいいかって言われると何か違う感じがして、執着とか固執みたいなどろりとしたような印象を受けます。
川上さん本人の、独特の文体とか、体の部分への執着(「ヘヴン」では目、かな)から受けるような、強さ。

ラストはまさかの展開でした。
大どんでん返し的な意味じゃなくて、結局どうなったんかようわからんけど良かったのかも、みたいな、まさかの展開。
でも絶対的な安心感。
ていうか僕の義理のお母さんが、めっちゃ優しくて、これこそ安心感やわ。

そんな重要なシーンじゃないねんけど、めっちゃ好きなシーンがありまして・・。
病院で医者が僕に斜視の手術を勧め、費用は意外と安いんだよと話すシーン。
 「そうねえ。」と医者は言った。「一万五千円くらい。」
 「一万五千円。」と僕は言った。
なんかこのゆるい繰り返しが、学校での苛められているシーンの激しさと対比されて、んでなんか遊び心も感じられるしで、うまいなーって思う。
どうでもいいけど、斜視の手術って、めっちゃ言いにくい。

文体が普通やったから、それはちょっと意外やったし残念やったけど、中身というか構成というか、もうその辺はがっつり川上未映子やった。
あたりまえか。
読み終わったし、もう一回ユーチューブで情熱大陸見よかな。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-01-27 21:08 | ほん
「猫の品格」



「猫の品格」

 青木るえか著

 ○○









今年は100冊ていう目標たてたばっかりやのに、読むペース遅っ!
久々の新書です。
新書やったら表紙おもんないから、載せなくていい気もしますね。

国家、女性に続き、品格シリーズ第三弾(いや、どうやろう)
猫に品格を求めるものではありません、猫イコール品格なのです。
いい人間にはいい猫が寄ってくる、猫から学ぶ品格本です。

国家も女性も読んでへんのですが、猫と言われては飛びつかないわけにいかず。
品格っていう考え方があんまり好きじゃないんですよね。
マナーとかやいやい言うなよー好きに生きさせてくれよーって思うもんで、猫の品格?!はー?!猫はそれだけですばらしいんじゃい!って反抗しつつも、とりあえず読む。

なんでかわからんけど、最初らへん、猫批判ばっかりです。
第一章、「猫好きを信用するな」ですからね。
しかも根拠のない批判がみえみえで、「なんとなく」ってやたら言うし、まぁそれは本人も自覚してはるっぽいんですけども、いや猫好きとしてはイライライラ・・・
この著者、ほんまに猫好きなん?!って思ったり。

品格本の割に、随分下品な感じです。
特別下品な言葉が出てくるってわけじゃないのですが、なんか下品な空気が漂っていて、まぁそれが案外不快てわけではないんやけども。
ただ「猫の品格」っていうタイトルに惹かれて、内容あまり確認せずに購入されたりすると、とても不快になるかもしれませんのでご注意を。

特におもしろいところは正直なかったんですけど、村上春樹が書く猫についての部分は、なかなか興味を持てました。
これは青木るえかさんが単に村上春樹を好きなだけであって、すごいのはあくまで村上春樹なんやって気もしますが。
ていうか青木さん、好きなものより嫌いなもののほうが多くて、猫が好きって気持ちよりも、私猫っぽいって言われるんです〜とか、うちの猫ちゃんは血統書付きで〜って言うような人嫌い!って想いから、これ書いてはるって感じがして、すんなり猫本として受け入れられずでした。

とかなんとかいいつつ星3つなのは、なんやかんやでおもしろかったんで。
口臭とよだれのひどいラマちゃんという猫の、ごはん欲しいときの飼い主を起こす方法が、変。
実際にうちがやられたらめっちゃ嫌やけど、想像したらかわいくってニヤニヤしちゃうわー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-01-19 03:10 | ほん
「誰かと暮らすということ」



「誰かと暮らすということ」

 伊藤たかみ著

 









2010年第一冊目は伊藤たかみから。
好きな作家さんやから、なんか嬉しい!

周りに気を遣いすぎる知加子と、顔のせいでいつも怒っていると思われてしまうセージ。
二人は同じ会社の同期で同じ町に住んでいることもあり、時々二人で食事をしたりするのだが、お互いにうまく気持ちを伝えることができないでいる。
この二人の物語を中心に、東京の下井草という小さな町で暮らす人たちの、小さな幸せがふわふわ漂う一冊です。

今のうちの気分にとても合ったお話でした。
穏やかでゆったりとした気分、例えると、予定のない休日に家でごろごろしている午前11時のような。
食事をするにもスープ飲んで落ち着いたり、明るい色の服を着てテンションが上がったりするのと同じように、本も読んで楽しむのはもちろんやけど、感情の上げ下げにがっちり直結してるんやわと、改めて気付かされたのでした。

さてこの本ですが、短編集になるんかなー、いちおう一つ一つで完結はしてるっぽいけど、実は続きがあってつながっていましたー!という感じ。
表紙の絵めっちゃ大自然やけど、舞台になっている下井草は多分都会やと思います。
大体、みんなマンションに住んでるしな。

店が経営不振やったり離婚したりとか、穏やかとは言えない境遇の人もおるわけなんですが、読み終わったらどれも、人の温かさに触れたような、穏やかな気分になれるものばかり。
ハートフル!
でもやっぱ、一番仰山登場する、知加子とセージの二人の、ちょっとづつ仲良くなってってんのかどうなんかー、ってのが特におもしろかったです。
二人とも、一癖も二癖もある性格ですからね。
知加子とセージだけで一冊にしてくれてもよかったのにってくらい、読み応え十分。

下井草はええ町なんやろな。
また是非大阪を描いてほしいです、たかみさん!
「ドライブイン蒲生」の荒っぽい大阪とか、めっちゃええ感じやったし。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-01-10 03:03 | ほん