カテゴリ:ほん( 128 )
「人間小唄」



「人間小唄」

 町田康著

 









作家界に短歌ブームの波が来ているんやないかと思われる、今日この頃。
町田康作、短歌を題材にした、(いつも通り)頭おかしい物語です。

とある作家のもとに送られてきた一通の手紙、中には短歌が書き綴られていた。
その短歌を勝手に引用しまっくって書き上げた小説が大ブレイクし、作家の糺田はほくほく。
短歌を送りつけた小角は怒り、未無という女子と共に、復讐を開始する。
糺田を監禁し、「短歌を作る」「ラーメンと餃子の店を開店し人気店にする」「暗殺」の中から一つを達成すれば良い、ということであるが・・

町田康の頭ん中はほんま、どうなってるんでしょうね。
虫が湧いてる、なんてもんやない気がする。
でも猫飼ってるからええ人です。
さて、なんやねんこれーと思った文章を抜き出してみました。

“こいつを潰すのは俺の使命。俺の勇気。そして希望。青雲。ラララ、君が見た光。”
わからんことはないけど、この繋がり方、普通はそういかないですよね、ていうか小説に書かないですよねこれ。
“「・・インスタントラーメンと本格的なラーメンは違うでしょ」「原理的には同じことだよ。・・人間と猿ほどにも違わない。・・京都人と大阪人ほどにも違わない。せいぜい庄内の奴と園田の奴ほどの違いだよ。」”
なんやこの、ごく一部の地域の人間にしかわからん例えは、地名のセレクトがマニアックすぎます。
とかツッコミ入れつつ、こういうのが嬉しくてたまらんのです、町田康ファンとしましては。

糺田も、小角も、未無も、名前なんて読むのかもわからんような変人ばっかなんやけど、憎まれへんのですよね。
拉致監禁してるし、犯罪的行為やりまくってんのに、かわいいって思ってしまうのはなんでなんでしょうか。
発言がコミカルやからかなー。

そして短歌。
まぁ頭のおかしい登場人物が作った、素人がざっくり作った短歌ってことなんですが、しかし町田康の素敵さがにじみ出てにじみ出てしゃーないです。
自分で書いて、自分でぼろくそにけなす。

ってうち、小説の中の登場人物が詠んだ歌やっていうのに、町田康を意識しすぎですね。
どうしても意識しちゃうんやもの町田康、男前。
そんで正直な話、短歌ってごく一部の内容でしかないんですけどね。
どうしても意識しちゃうんやもの短歌、ええし。

NHK短歌にも出てはったし、これを機会に思い切って歌集とか作っちゃってください、是非。
町田康歌集、想像しただけでよだれ出そう。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-11-07 02:38 | ほん
「らいほうさんの場所」



「らいほうさんの場所」

 東直子著

 









インターネットで占いをしている志津は、OLをしている妹の真奈美とちょっと年の離れた弟の俊と、兄弟三人で暮らしている。
家の庭には“らいほうさんの場所”という秘密の場所があり、家族でとても大切にしている。
しかし俊に起こった小さな事件をきっかけに、平穏な暮しが崩れ始める。

一見穏やかな暮しに見えるんですが、志津が異様なまでに大切にしているらいほうさんの場所に、穏やかでない空気感が漂っています。
家族以外には知られてはいけない、家族以外のものを家に入れてはいけない、など。
読み進めていく中で見え隠れする、らいほうさんの場所の秘密。
らいほうさんって何やって話しやし(これは最後にわかりますが)

兄弟三人で住んでいる、らいほうさんの場所を大切にしているなど、変わり者兄弟のように思えますが、ええ、多分変わり者です。
一番謎なのが、俊。
部屋にこもってるし、あんまり喋らないし、かと思ったら子どもみたいに甘えるし。
らいほうさんの場所の秘密も、俊と関係がありそうななさそうな。
ほんで唯一普通なのが、次女の真奈美。
やたらと俊のことをかわいがる姉を「気持ち悪い」と言うし、らいほうさんの場所って何やねんって態度を取るし、普通に会社に働きに出ていますし。
真奈美が普通やからこそ、他の二人の異様さが引き立っています。

あんまり東さんの短歌を読んだことないんであいまい情報ですが・・、という前提で喋りますが、小説の中でこの「らいほうさんの場所」が、一番東さんの短歌の雰囲気に近いような気がしました。
蜃気楼みたいな、イメージ。

志津はシスリー姉さんという名前で、誕生月別の週ごとの占いをやってるんやが、その文章の美しいこと!
小説読みながら、うちまで諭されそうになりました。
シスリー姉さんの占い方も、思いついた言葉から流れるように書くっていう、占いというより想像力やんって感じなのが素敵。

そんなシスリー姉さん、ツイッターをやってはる模様。
こないだ東直子さんご本人がつぶやいてはりました。
http://twitter.com/SisterSisley
気になるなー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-11-03 22:07 | ほん
「赤い髪のミウ」



「赤い髪のミウ」

 末吉暁子著

 ○○









沖縄の離島、神高島というところに、留学生を受け入れてくれる施設がある。
クラスでいじめを受け不登校だった小学六年生の航は、その施設に入ることを自分で決めた。
そこにいたのが、島内を自由気ままに駆け回る、赤い髪をした少女ミウ。
航は、ミウや島の人たちから、“神が宿る島”と言われる神高島の言い伝えを聞かされるが、とても信じられない。
しかし航は、次々に不思議な体験をすることになるのだった。

よう知らんのですが、沖縄ってほんまに不思議な神様いてはったりするんですよね。
これは本文にも出てきますが、キジムナーとか。
住んでる人にしたら、神様が住んでるから入ったらあかん森に入らへんのは、当然すぎて何言うてんねんって感じなんでしょう。

でも航にしてみたら、いやいや普通の森ですやん、って思っちゃうわけですよ。
キジムナーて言われても見えへんしー、とか。
東京育ちの都会っ子、多感で繊細な時期の小学六年生の航が、それに反発しちゃうのは、そりゃそうやわなって思います。
うちも理解でけへんし。(スピリチュアルとかもようわからん)

そんな混乱を、ええ感じに中和させてくれるのが、ミウです。
もう、ミウ、すてきです。
島の中を、自由にひょいひょいと走り回り、赤い髪が風になびく。
イメージは、聖剣伝説3のケヴィン!(すみません、例がゲームからしか出てきませんでした)

あとがきにあったのですが、神高島というのは実際にはなくて、久高島というところがモデルになっているとのこと。
“神と共存する島”だそうです。
この本は児童書なんですが、久高島が気になる方や、スピリチュアルに興味のある方、この本を読んで不思議体験してみるってのもいいかもですよー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-11-02 01:52 | ほん
「ダイオウイカは知らないでしょう」



「ダイオウイカは知らないでしょう」

 西加奈子 せきしろ著

 









大すきな西加奈子が、大すきな短歌を!
もうこれは、夢のコラボレーションです!

うちが短歌を始めたもの、きっかけは西加奈子でした。
「ダヴィンチ」の人気コーナー、穂村弘の『短歌ください』の企画で、西加奈子、山崎ナオコーラ、豊島ミホの三人+穂村弘による歌会があったんですが、それ読んでから短歌熱急上昇。
西さんも、その歌会で短歌に興味を持たはったらしいんです。

毎回ゲストを呼んで、西さんとせきしろさんがお題に従って短歌を詠み、あとはあーだこーだと喋って対談形式で。
ゲストも豪華です。
短歌界から穂村弘に東直子に俵万智、西さん仲良しのナオコーラに、せきしろさんつながりで南海キャンディーズの山ちゃん、あとは星野源やらいとうせいこうやらミムラやら光浦靖子やら・・・
個人的には、華恵ちゃんがたまりませんなーかわええー。
ほんで表紙は見ての通り、100%ORANGEですし。

さてお二人の短歌ですが、こちらも予想を裏切らない素晴らしさです。
上手下手とかそういう問題じゃなく、おもしろい!
西さんはすぐ下ネタみたいなの詠むし、せきしろさんはせきしろワールド全開。
西さんの短歌は西さんの小説みたいやし、せきしろさんの短歌はせきしろさんの本の雰囲気そのまんま出てる。
短歌だけ見ても、どっちが詠んだやつかすぐわかります。
短歌見て作者がわかるって、ええなぁ。

それよりもおもろいのが、喋りですよ、もう漫才みたい。
きっと普段から西さんとせきしろさんは仲いいんやと思うんですが、ゲスト来ても気にすることなく自由に喋るしゃべるべしゃるー。
ちょっとはゲストに気ぃ遣え!って思うくらい。

もうほんで何より声を大にして言いたいのが、これは短歌の本じゃないよってこと!(ていうたら怒られるー?)
短歌って575?季語いるの?興味ないからわかんなーいって人も、是非是非読んだらええって思います、笑えます。
華恵ちゃんがとにかくかわいいので、華恵ちゃんファンは絶対!
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-11-01 02:43 | ほん
「グ、ア、ム」



「グ、ア、ム」

 本谷有希子著

 









超ご無沙汰しております。
ちょいと復活してみようかと思いまして、ええ。
この数ヶ月の空白のことはさっぱり忘れてしまいまして、いつものテンションで書かせていただきまーす。

先週は、本谷有希子ウィークやったんです。
大阪の精華小劇場での「甘え」上映会、さらに映画「乱暴と待機」を見にいってきまして。
「甘え」上映会の後には、本谷さん現れてのトークショーもあり、本谷さんはかわいいのに妄想女子ですてきー!たまらんー!
ということで、流れに乗ってみました。

飛び出すように上京したものの、のらりくらりと暮らし、父親からワーキングプア呼ばわりされている長女。
地元でのんびりしたくて堅実な就職を選んだのに大阪勤務、まぁともかく安定が一番と、当たり障りなく暮らしたい次女。
姉妹なのに、はっきり言って、合わない。
父の謎の計らいで、母、姉、妹の三人で行く、二泊三日のグアム旅行!(天候は最悪!)

仲悪いメンバーで海外旅行って、絶対きついですよね。
しかもそれが、家族って。
平気で遅刻する自分勝手な姉にイラッ、どこ行こうか提案するのにやる気のない妹にイラッ。
小さなイラッが、どんどん積もってイライライラー。
極限の緊張状態の冷戦です。

母と父も、忘れたらあきません。
もーオカン何勝手にやってんねん、オトン何しょーもないこと言うてくれてんねん、っていう、悪気がないのはわかるだけに余計に感じる、あのモヤモヤした感覚。
旅行中、姉妹が仲悪いことわかってるけど、一所懸命に明るく振る舞って、ほらアレ食べだの、写真撮るよーだの・・・
オカン、逆に痛々しいよー。
ほんでそれを描くのが絶妙すぎます、本谷さんー。

本谷さん、やっぱり舞台の人だけあって、小説でも台詞がおもしろいです。
イントネーションや声のトーン、どっち向いて喋ってるのかとか、そんなんまで見えるような気がするんですよね。
「グ、ア、ム」は多分、舞台用のお話やないと思うんですが、小説のときも舞台の演出と同じ考え方で書かはるのやろうか。

トークショーのときに、本谷さんが仰った名言。
「毒はともだち」!(毒のある人がお好きなんやてー)
この本も、毒のあるいたずらごころで、そらないわー!のまさかの展開が満載ですよ。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-10-22 00:21 | ほん
「短歌の作り方、教えてください」



「短歌の作り方、教えてください」

 俵万智、一青窈著

 









五月の間はどうやら五月病やったようで、なーんもやる気起こらんかったけど、六月になったので多分ちょっとだけ復活!
もう五月中に読んだ本の感想文書くのは諦めて、心機一転、またぼちぼちがんばりまーす。
ま、「薬屋のタバサ」東直子著、「魔法使いクラブ」青山七恵著、「通天閣」西加奈子著(再読)の三冊しか読んでませんが・・
この中では「魔法使いクラブ」がおすすめ!

さて、短歌。
いやうちも、そろそろ勉強とかしちゃおうかと思いまして。
・・って言うてもう何回目?って感じですが。

生徒一青窈が俵万智先生に教わる、短歌マンツーマンレッスン。
一青窈が短歌を読んでメールで送り、それを俵万智がチェックし(推敲っていうの?)、それで一青窈が手直しを加えて再提出。
ゲストに穂村弘を迎えての吟行会と、斉藤斎藤を迎えての題詠歌会も。

まず、一青窈すごいです。
歌詞自分で書いてはるし、ことばの世界の人やからまぁ短歌作るんも問題やないのかもしれんけど、発想がおもしろいし、最初っからさらりとまとめ上げてきていて、さすが!
ほんで万智先生の的確なアドバイス!
アドバイス受けて手直ししたら、どんどん歌が完成されていく。
それを目の前で見ることができてすごいライブ感、本なのに。

本文の中で万智先生も仰っていますが、一度作った歌を練り直すのってすごい難しいんですよね。
自分の中で一旦完成させちゃった分、57577のリズムを壊すのにすごい勇気がいる。
やのに一青窈は、それを躊躇なくがっつーんってやっちゃう潔さ!
かっこいいよー。
謙虚やし。
一青窈って絶対いい人や!

短歌歴浅いうちが言うのもなんですが、全く短歌初めてって人が勉強するための本ではないと思うのですが、うちくらいの「ちょっくら初めてみましてんー」って人が読むには丁度ええ感じやと思います。
先生優しいし!
枡野先生はきびしかったからなー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-06-07 23:13 | ほん
「炎上する君」



「炎上する君」

 西加奈子著

 









足が炎上している男がいるという噂を耳にして、それはぜひとも見たいものだと思った女が二人。
いつも通っている銭湯に足が炎上した男が現れ、彼女たちの心にも小さな変化が訪れる。
表題作「炎上する君」含め8つの変なお話短編集。

えー、上から目線発言で申し訳ございませんが、西さん、めっちゃうまくなってないですか?
荒さ(それも良かったんやけど)が随分減って、鋭くなった感じ。
針とかナイフみたいな危険な鋭さじゃなくて、めっちゃ先尖った葉っぱとか、そんな感じ。
ゆらゆらしてんのに、しゃきーんとしてる。
やばー、ますますすきになりましたよ、西さん!

「炎上する君」がもうすごい良かった!
短編集のタイトルってどうやって決めてんのか知らんけど、きっと一番気に入ったやつとかにするんやろうし、それで読んで表題作が一番気に入ったというのは、作家さんと趣味が似てるってことかしらと思って、密かに嬉しくなります。
まぁ大人の事情があるんやろから、字面で選んでんのかもしらんけど。

足が炎上してるって何事ー!と、最初はそのわけわからんっぷりに脳みそ持っていかれるんですが、それよりもこのお話の魅力は、二人の女です。
地味な見た目で、淡々とした喋り方、声のトーン低め。
「そうであったか。」「そうだ。」みたいな会話。
西さんのセンスに惚れ直しました。

西加奈子のホームページがあったってこと、最近気付きました。
http://info.nishikanako.com/
ここ。
絵とかも見れてよだれもんです。
しかも、ナオコーラのホームページへのリンクが貼られている・・。
仲ええんやなー。
短編の一つ「甘い果実」に、がっつりナオコーラ出てくるし(笑)

大阪でサイン会とかせーへんのかなぁ。
西さんに会いたい!
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-05-15 00:34 | ほん
「膝のうえのともだち」



「膝のうえのともだち」

 町田康著

 









猫を愛するいい男町田康による、町田康が愛した猫たちの写真集。
「猫にかまけて」「猫のあしあと」でおなじみの猫たちの、プライベートショット満載!

片目開かない子もいるし、拾ったばっかりでガリガリの子もいる。
レンズに対して安心しきった表情の子もいるし、警戒しまくっている子もいる。
でもどの写真も、いい写真。
カメラの腕がすごい上手とかいう訳じゃ正直全然ないねんけども、レンズを向ける町田康と奥さんの目が、ものすごく優しいのです。
写真見たら、もうわかります。

うちも今、一匹の白猫と一緒に暮らしているのですが、写真は撮っとくもんやと思いました。
一昨年おばあちゃん猫が死んで、自分としてはいっぱい写真も撮ってたつもりやったんやが、後で見返してみると、これが案外少ないねんな。
でももうおらんから、撮られへん。
めっちゃ申し訳ない気持ちになったもんなー。
構図が美しいとか絵になるとか、そんなん気にせんでも、そのまま見たまま撮ったら、こんなにええ写真になるんやなと、そう思いました。
それに気付かせてくれて、ありがとう町田康と奥さん。

書き下ろしの短編小説「ココア」も載ってるんやが、これがまたすばらしい。
人間と猫の立場が逆転し、野良人間になって、猫(巨大、本来の猫の目線から見た人間サイズ)からごはんをもらったり、建物に入ったら追い出されたりする。
正しく、猫の立場に立って考える物語です。

猫嫌いな人批判みたいなのも含まれている気がするので、猫嫌いな人は読んだらあかん。
猫好きにとっては、風刺の仕方がさすが町田康!って感じなので、読んでみんなで共感しましょうぞ。
ふざけた話のようやけど、つまりは猫への愛でいっぱいのお話なので、涙まで出てくる始末。
猫万歳にゃー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-04-29 00:24 | ほん
「古道具中野商店」



「古道具中野商店」

 川上弘美著

 









骨董やアンティークじゃなくて、古道具。
ちゃぶ台とか、灰皿とか、あとはよくわからん置物とか、店内に所狭しとごちゃごちゃ積んであるような小さな古道具屋、それが中野商店です。
マイペースな店主の中野さんと、姉のマサヨさんテキパキとしたかっこいい女性、アルバイトのタケオは何を考えているかわからなくて、同じくアルバイトのわたしヒトミは毎日彼らに振り回されています。

まず中野さん、実は愛人がおりまして、しかも開店時間中に、「銀行行ってくる」とか嘘ついて会いに行く、アルバイトのわたしにもバレバレなんですけどね。
商売もマイペースやけど、恋愛の方も随分マイペース、というか、だめだめ。
一方マサヨさんにも彼がおりまして、「ヒトミちゃん、オトコはね・・」といった感じで、恋愛についてサバサバと語ったりもする。
50代とのことですが、ちらりと乙女な一面も。
中野さんとマサヨさん姉弟、お互いの恋愛に干渉はしないけど、気になってしゃーなくってもぞもぞした感じが、二人ともほんとかわいいんです。

そしてタケオとヒトミは実は付き合っておるのです。
んー、付き合っているって言えるんやろうか、っていうくらい警戒し合ってるし、こちらももぞもぞ・・って感じなんですが。
バイト帰りに家まで送ったのに、家寄っていけばいいのにー、とか。
つまらんことで喧嘩して、つまらん冷戦状態が続く、とか。
読んでるこっちまで、もぞもぞしちゃうわ。

まとめると全体的にもぞもぞしたお話なんですけど、川上弘美独特の空気感のまま、最後までもぞもぞ・・
なんですが、最後には、中野商店に集まったこの四人が、年齢も性別も立場も違うけれど、信頼し合って働いてたんやなーと思えました。
ストーブにあたってうとうとしてたら、ストーブからボッと音がして目覚めた、みたいなあたたかくて気持ちいい終わり方でした。

この物語に出てくる女性は、みなしゃきしゃきしていてかっこええのに、男性は中野さん筆頭にお客さんまで、なんかつかみどころのない変人ばっかりなんですよね。
古道具売りとか骨董の世界って、そんな人が多いんやろか。
解説に書いてあったんですが、川上さんの弟さんは実際に古物商を営んでおられるとのこと。
そして解説も、古道具屋をしている長嶋さんて方が書いていて、興味深いものでしたよ。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-04-27 04:14 | ほん
「キスまでの距離」



「キスまでの距離」

 村上由佳著

 ○○









あ、先に言っておきますが、上のマルの数はうちが面白いと思ったかで決めております。
これまでのんも全部そうですが、作品の評価ってわけじゃないのであしからず。。

「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズの第一巻。
父が転勤することになり、高校三年生の勝利は、いとこのかれんと丈との三人で一緒に暮らすことになった。
五歳年上のかれんは、久しぶりに会うと随分きれいになっていて、勝利はどうしても意識してしまう。
しかもかれんは、勝利の通っている高校で美術教師として働くことに。
家でも学校でも毎日かれんを見ているうちに、彼女がある秘密を抱えていることに気付いた。

ド恋愛小説でした。
超にがて!(笑)
「マーマレードボーイ」みたいやん、いや、また全然ちゃうけど、なんか親が仲良くて、一緒に住むようになって・・とか。
設定が全部少女漫画なんやもん。
てれる!

どこ開いても甘酸っぱいし、勝利も背伸びしてかなんかわからんけどキザな台詞言うしー。
「お前以上の女なんて、いるもんかよ」とかー。
むーりー!
同じコーヒーカップで飲んじゃって、周りから「間接キッスー!」とか言われて耳まで真っ赤にして照れるような展開も・・
むーりー!!

少女漫画がお好きなら、きっといけるはずです。
読みやすいし、内容も展開もわかりやすいし。
とにかくうちには乙女の血は流れていないので、あきませんでした。
うちは「みっきーかしまし」でも読んで、脳を落ち着かせよ。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-04-15 00:23 | ほん