「さようなら窓」



「さようなら窓」

 東直子著

 









美容師をしているゆうちゃんの部屋で、一緒に住んでいるきいちゃん。
ゆうちゃんがお仕事から帰ってきてから、お風呂で髪の毛を切ってもらったり、寝れない夜はお話をしてもらったり。
優しいゆうちゃんのことが大好きな、きいちゃんのお話です。

きいちゃんはほんわかしていてかわいいくて、映画のハチクロの蒼井優ちゃんみたいなイメージ。(コミックのハチクロは読んだことないんで、本物のはぐちゃんがどんなんなんかは知らないんですが・・)
ゆうちゃんはそれはもうめっちゃ優しくて、きいちゃんを見る目も、髪を撫でる手も、全部優しい。
初め、ただただ男女がいちゃついてるだけの、きゃいきゃいした話やと思っておりました。
それだけの話でも十分読めるくらい、ほんま二人ともかわいいんですが、もちろんそれだけの話ではありません。

いやなこと、つらいことを放り投げて家を飛び出し、きいちゃんはゆうちゃんの家に来たのでした。
しかしこのままじゃだめだ!と、それらに立ち向かう、強いきいちゃん。
きいちゃんは強い!
どんどん強くなっていく!

最初ほわほわして、なよなよしてただけのイメージやったきいちゃんが、自ら試練(って言うたら大げさですが)に立ち向かって行く姿には、本当に励まされます。
最近気持ちが後ろ向きやったんで、うち、きいちゃんに出会えてほんまよかったなーと思いました。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2009-03-12 03:17 | ほん