「恋愛嫌い」



「恋愛嫌い」

 平安寿子著

 









いい雰囲気になりそうになると一歩引いてしまう喜世美、コンタクトレンズ販売員、29歳。
猫と二人暮らし中で一人が大好き、ブログ更新が日課の翔子、コンピューター関係のお仕事、26歳。
働くのは生きるため、前向きで恋愛モード全開の女が苦手な鈴枝、スナック菓子メーカー勤務、35歳。
表紙の裸のお姉さんは喜世美かな。想像。

彼女達はモテないから恋愛と縁がないというわけではないのです。
いい感じの男性がおったり、時には言い寄られたりもしています。
しかし途中でめんどくさくなったり鬱陶しくなったりする、タイトルの通り「恋愛嫌い」な三人なのです。
三人それぞれの「恋愛嫌い」っぷりを発揮して、さりげなく身を引いたり、付き合ってもないのに喧嘩してしまったり。

うち自身も、「恋愛嫌い」かもしれないなーと思いました。
喜世美に近いかな。
恋愛の雰囲気に足を突っ込む自分を客観的に見て恥ずかしくなる、「恋愛嫌い」。

この本から何かを感じてしまった人はきっと、「恋愛嫌い」タイプなんではないでしょうか。
読んで自己分析してみてください。
鈴枝が苦手としている、ええ男がいたら恋愛モードに切り替えられるタイプの方は、これ読んでどう思うのかわかりませんが。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2009-01-31 02:46 | ほん