「平成大家族」



「平成大家族」

 中島京子著

 ○○









息子が赤点をとってお母さんに怒られ、娘はおばあちゃんのお手伝い、お父さんは酔っぱらって機嫌良く帰ってきて、こども達がお出迎えー・・
タイトルにも「大家族」ってあるくらいやし、サザエさんみたいな一家のどたばた劇場みたいなもんかと思ってました。
いや、確かにどたばた。
でも、現代風どたばた。
だって、「平成」ですもんね。

長女の夫は元会社経営者、しかし倒産して出戻り。進学校に通っていた二人の息子も止むを得ず地元の公立中学に転校して、いじめに遭わないように気を配りすぎて引きこもり。
次女は結婚して大阪で暮らしていたが、夫の沖縄転勤を機会に離婚、そして浮気相手の若手芸人との子供を妊娠して出戻り。
父は歯科クリニックを定年退職後、書斎で義歯を作ったりご近所さんと碁を打ったりとゆったり暮らしているが、家に残っている長男ぐうたらぶりが目についてイライラ、爆発寸前。
母は年老いてちょっとぼけ気味の祖母のお世話に忙しい。

会社倒産、いじめ、引きこもり、離婚そしてシングルマザー、ニート、老人介護・・。
どたばたしてますが、近年のキーワードばっかりじゃないですか。
ちょっとがんばって詰め込み過ぎやないかなーとも思いますが、語り手が入れ替わりながら進んでいくので、ごちゃごちゃすることなく読めました。

特にお気に入りなのが、ぼけ気味の祖母タケの章、「時をかける老婆」
なんちゅうタイトルや、と笑ってまいますが。
ぼけてしまったら、どんなことを考えているのかなんて想像できないしわかるわけもないんですが、ぼけたおばあちゃんの心理描写がすごいんです。
突飛押しもないこと言いだす、あの感じ。
「おばあちゃん、またわけわからんこと言うてるわー」とうちらは思っていたのも、何か真剣に考えてたんやろなぁ。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2008-11-19 22:18 | ほん