「短歌の作り方、教えてください」



「短歌の作り方、教えてください」

 俵万智、一青窈著

 









五月の間はどうやら五月病やったようで、なーんもやる気起こらんかったけど、六月になったので多分ちょっとだけ復活!
もう五月中に読んだ本の感想文書くのは諦めて、心機一転、またぼちぼちがんばりまーす。
ま、「薬屋のタバサ」東直子著、「魔法使いクラブ」青山七恵著、「通天閣」西加奈子著(再読)の三冊しか読んでませんが・・
この中では「魔法使いクラブ」がおすすめ!

さて、短歌。
いやうちも、そろそろ勉強とかしちゃおうかと思いまして。
・・って言うてもう何回目?って感じですが。

生徒一青窈が俵万智先生に教わる、短歌マンツーマンレッスン。
一青窈が短歌を読んでメールで送り、それを俵万智がチェックし(推敲っていうの?)、それで一青窈が手直しを加えて再提出。
ゲストに穂村弘を迎えての吟行会と、斉藤斎藤を迎えての題詠歌会も。

まず、一青窈すごいです。
歌詞自分で書いてはるし、ことばの世界の人やからまぁ短歌作るんも問題やないのかもしれんけど、発想がおもしろいし、最初っからさらりとまとめ上げてきていて、さすが!
ほんで万智先生の的確なアドバイス!
アドバイス受けて手直ししたら、どんどん歌が完成されていく。
それを目の前で見ることができてすごいライブ感、本なのに。

本文の中で万智先生も仰っていますが、一度作った歌を練り直すのってすごい難しいんですよね。
自分の中で一旦完成させちゃった分、57577のリズムを壊すのにすごい勇気がいる。
やのに一青窈は、それを躊躇なくがっつーんってやっちゃう潔さ!
かっこいいよー。
謙虚やし。
一青窈って絶対いい人や!

短歌歴浅いうちが言うのもなんですが、全く短歌初めてって人が勉強するための本ではないと思うのですが、うちくらいの「ちょっくら初めてみましてんー」って人が読むには丁度ええ感じやと思います。
先生優しいし!
枡野先生はきびしかったからなー。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-06-07 23:13 | ほん