「ぬるい男と浮いてる女」



「ぬるい男と浮いてる女」

 平安寿子著

 









あなたの周りにもおるかもしれん、ちょっと変わった人たちの物語です。

・お互いを利用するように結婚して、夫の実家の病院を継ぐことになった女医。夫が遊び半分で始めたカフェ、趣味が悪くてびっくりやけど、自分には関係ないんでどうでもええよ。
・中学校時代の同級生でお金持ちのお嬢様に、久々の再会で一目惚れ。しかし彼女は、なんと、葬式に参列することが趣味なのだった。
・家具屋さんで働く草食男子、快適な自宅を作り上げることが生き甲斐。周りに迷惑をかけないようにということだけに気を配り、仕事も恋愛も平和に平和に。
・頼れるのは自分と金だけ。60歳独身、バリバリ働いてきた仕事も定年退職し、趣味のバレエに明け暮れる日々。バレエ教室仲間から、憧れられることが喜び。
・スニーカーショップでバイトしている、ふわふわ男子。「何考えてんの?」とよく聞かれる。変な女の人に気に入られ、そんなこんなもまぁいっかーという感じでふわふわと。
・その女性が近づくと、電化製品はたちまち狂ってしまう。という不思議な女性に恋をしてしまった。という男は他にもたくさん。悩むけど追いかけてまう、不思議彼女はとても魅力的なのです。

という6話。
あらすじまとめるだけで、めっちゃ長くなった!ので、箇条書き風に“・”付けてみました。

草食男子とかの今っぽいキーワードも入れつつ、ほんまにこんな変わった人、おりそうと言われたら確かにおりそうていう絶妙のライン。
うまいなー!
家具屋で働く草食男子はほんまにおりそうやし、スニーカーショップバイト男子もおりそう。
最後の電化製品の彼女はおらんやろうけど、ていうかおったら世界びっくり人間に出れちゃうわ。

「水10」(やったと思う)ていうココリコとか小西真奈美とかが出てた、変わった恋愛再現ドラマバラエティーみたいな番組あったの、覚えてはりますでしょうか、その番組を思い出しました。
全体的にコミカルなタッチで書かれてるし、このまんま映像化して放送できそう。

是非映像化を期待したいのが、最後のお話、「えれくとり子」。
なんやねん、このふざけたタイトル(笑)、っていうような内容もまぁ内容なんで、ゆるーい感じでええ感じ。
だって、近づいたら電化製品壊れるんですよ、携帯でこの彼女を写メしようと思ったら、携帯が急に壊れるんですよ。
ありえへんー!
こういうふざけた小説もあってええと思います!大賛成!
[PR]
by sabazaki-jaco | 2010-01-31 01:21 | ほん