「雪だるまの雪子ちゃん」



「雪だるまの雪子ちゃん」

 江國香織著

 









お休みの日の午後、温かい紅茶でも飲みながらゆったり読んでほしい、大人の童話です。
今の時期にちょうどぴったし!

雪子ちゃんは正真正銘の野生の雪だるま。
ある日空からふわりと舞い降りて、山奥の小さな村に住み着いたのでした。
お散歩したり、本を読んだり、お隣さんとトランプしたり。
見るものすべてに興味津々で、ちょっと強気な性格の雪子ちゃんの、寒い寒い冬の心温まる物語です。

雪子ちゃん、ちょっと強気なところがたまらん。
めっちゃかわいい!
「ぼくの小鳥ちゃん」の小鳥ちゃんも、強気で、上から目線でつんつんして(鳥やしな。)、めっちゃかわいかったんやけども。
江國さん、ちっちゃくてかわいくて、つんつんした強気な女子好きやな、きっと。
気が合うわ。

そして雪景色の美しいこと!
よく晴れた日はおひさまが当たってきらきらした様子が、曇りの日はどんよりして空気の重たさが、雪の降る日は雪ひとつひとつのやわらかさが。
雪景色、真っ白なはずやのに、色で溢れているんです。

もう一つ、雪のあたたかさ。
雪子ちゃんは雪だるまなんで、雪はふわっふわの毛布みたいなもの。
雪に埋もれてぬくぬく、幸せそうな表情の雪子ちゃんを見ていたら、こっちまで心がぬくぬくです。
毎日寒くてもう冬いややーはよ終われーって思っている毎日ですが、雪子ちゃんのおかげで、あたたかい冬を味わうことができました。
ありがとう、雪子ちゃん!

挿絵は、銅版画家の山本容子さん。
あたたかい絵で、これまた心ぬくぬくです。
でも、雪子ちゃん、ちょっと顔こわいけど・・・うーむ。

ところで、凍った滝を見に行く場面があるのですが、滝ってほんまに凍るんでしょうか?!
めっちゃ寒いとこ、北海道とか?に行ったら見られるんかな。
絶対きれいやわ!
めっちゃ見てみたい!
[PR]
by sabazaki-jaco | 2009-12-29 23:18 | ほん