「ミッキーたくまし」



「ミッキーたくまし」

 西加奈子著

 









こんな大人になりたい像、ってありますよね。
栗原はるみみたいなお母さんになりたいとか、江角マキコみたいにバリバリやりたいとか、YOUみたいに自由に生きたいとか・・・
そんな感じで、うちは西加奈子みたいになりたい。
西さんみたいに、「うんこ」で笑えるようなステキな大人になりたいです。

「ミッキーたくまし」は、「ミッキーかしまし」に続くエッセイ本第二弾、WEBちくまで連載していたものをまとめたものです。
西さんのおちゃめな挿絵付き。
ミッキーとは、もちろんマウスじゃあなくて、西さんが昔働いていたスナックでそう呼ばれていたそうです。

「かしまし」の方では、そんな大阪時代の小話から、上京して出版社の人たちと飲みに行ったり吐いたり・・が読めます。
「たくまし」では、ニューヨークやバリ旅行のことや、飼ってはる猫のモチのかわいさや、出版社の人たちと飲みに行ったり吐いたり・・が読めます。
結局飲みっぱなしですやん。
楽しそうでええなぁ。

大阪弁丸出し、喋り口調そのままの文章がたまりません。
それに、もう本全体から、ええ人!感が滲み出まくってるんです。
友達になりたい!
出版社に勤めたら仲良くしてくれるやろうか。

飲んだ酔ったみたいな話ばかりではもちろんなく、作家として真面目な話も、十回に一回くらいはありましたよ。
西さんの小説一冊でも好きな方は、ほんまこれも読んでほしいです。
小説の見方が変わります。
あほみたいな文章の割に、かなりええこと書いてはるんで!

第三弾、「みっきーやかまし」も期待しています!
ってWEBちくまの連載、去年で終わってしもたんですよね。
出版社ちゃうくていいから出してー!!
[PR]
by sabazaki-jaco | 2009-06-14 00:32 | ほん