「SUNAO SUNAO」



「SUNAO SUNAO」

 100%ORANGE著

 









ごめんなさい。
まず謝ります。
100%ORANGEは、ただ絵がかわいいだけのイラストレーターやと思っていました。
大変失礼致しまくっておりまして、申し訳なさすぎです。

砂尾スナオという男の子の漫画。
松尾スズキみたいな名前ですね。
一人遊びが好きなスナオ少年が、でかけたりでかけなかったり、何か想像したり瞑想したりするようなお話。

本を開いてすぐ、本編に入る前に、心を奪われてしまうこと間違いなしです。
表紙と本編の間にあるもの、そう、目次です。
8ページくらいの短い漫画が仰山あるんですが、それぞれのタイトルも全て「SUNAO SUNAO」。
なので目次には、見開きにみっちりと、「SUNAO SUNAO」の文字がずらーり。
各々が自由に陣地取りして、文字がひしめき合っています。
拡大コピーして部屋に飾りたいくらい、おしゃれー!

フランスパンのやわらかいとこだけ食べる話とか、飲み込んでしもた10円玉の行く末について、自分のおしりと話し合う話とか。
かわいい絵に対して、内容はなかなかシュールです。
一応Cくんっていうコヨーテの友達(?)はおるんですが、なんせスナオは一人遊びが好きなようで、Cくんとの遊ぶ約束を普通にブッチしたりします。
いやいやいや、っていうつっこみどころ満載。

そして文字へのこだわりがすごい!
ドドドドドーとか、カチャッとか、あれ効果音って言うんでしょうか?
外すことのできない漫画の特徴の一つやと思うんですが、効果的に使って遊びまくってはります。
吹き出しの中の、明朝体のいやに生々しい字体と対比して、おもしろい絵になっています。
今回は漫画っていう体裁で作品を作っているだーっていう意識が、もうすごくあるんやろなーと思いました。
先ほども書いた目次なんて特に、文字へのこだわりの集大成みたいなもんなんでしょうし。

一気に好きになってしまいました、100%ORANGE。
昔に仕事の合間に立ち読みした「思いつき大百科事典」、あれもかわいかったなーと思い出し、もっかい読みたくなったし今度読も。
[PR]
by sabazaki-jaco | 2009-05-14 21:37 | ほん